ネット副業のポイントは?効率的にお小遣いを稼ぐポイントをご紹介します!

2019年1月17日

ネットで小遣い稼ぎができるのか、疑問に感じたことがある人も多いと思います。筆者もそうでした。最近こそ徐々に小遣いを稼げるようになってきましたが、最初は全然ポイントが増えなくて大変でした。今回は、ネットで副業を軌道に乗せるまでのポイントについてご紹介します。

ネットで稼ぐ際のポイントは?

まず、結論から言うと、筆者が考えるネットで稼ぐポイントは、次の2つです。

  • 時間単価が高い仕事(コンテンツ)を行う 
  • 労力が掛からない仕事(コンテンツ)を行う

この2つのポイントをもとに、稼げるサイト、稼げるコンテンツを見極めることが大事です。そういったサイト(コンテンツ)を1つ見つけて、その上で時間に余裕があれば次のサイトに手を出すというやり方が効果的です。最初から「あれもこれも」と手を出すのは挫折を招くだけなのでやめましょう。ポイントサイトを紹介しているサイトを見ていると、サイトやコンテンツがたくさん紹介されていて、それはそれでいいんですけど、専業で行うならともかく、サラリーマンが副業でやるにはまず不可能です。

時間単価が高いコンテンツを行う

これに尽きると言っても過言ではありません。Time Is Moneyです。時間単価とは1秒当たりとか1分当たりでいくらになるかということです。これが高いコンテンツなのかどうかを常に意識してアクションを起こすようにしましょう。

例えば、1クリックというのは1秒程度で済む話なので、1クリック1円は、1円/秒です。1分で60円、時給に換算すると3,600円になります。実際には、そんなアクションが1時間内に3,600個も存在しませんが、それくらいの価値に相当する行為だと考えてみます。昔は1クリック10円などという景気のいい時代もありましたが、今はよくて1クリック1円です。筆者としては1クリック0.5円でもOKですが、1クリック0.1円は時給360円相当で最低賃金にも満たないのでNGです。

労力が掛からないコンテンツを行う

労力とは、働くことに必要な力、骨折りのことです。単価がよくても労力が掛かってしまうコンテンツは、NGです。特に副業でやるからには、本業に影響が出ては元も子もありません。手間がかからず行えることが大事です。

単価と労力は概ね相関関係にあります。単価が低いと労力も掛からず、単価が高いものはやはり労力が掛かります。中には単価が低いくせに労力が掛かるものがありますが、絶対にNGです。そのあたりを考慮しつつ、割に合うかどうかを考えてアクションを起こしましょう。

基本的にこの2つのバランスがよいのはアンケートサイトです。とりわけ、マクロミルは秀逸といえます。別の記事で実績を示して紹介したいと思いますが、基本的に単価も高く、労力もそれほど掛かりません。数をこなす必要はありますが、それに見合うだけの報酬はあるように思います。

まとめ

ネット副業のポイントについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか。まだまだ筆者自身、実践段階で十分な副業を得ているわけではありませんが、常に時間とお金を意識して、効率的に副業していきましょう。